友人と活動している伝統芸能部。

今月は寄席に行ってまいりました!
場所は、新宿。末廣亭。

浅草の演芸ホールとはまた違った雰囲気。

今月は新真打のお披露目ということらしく、客席も大賑わい。
二階席がオープンになっていたので、珍しさもあって二階席へ。

友達が柳家三三師匠が大好き!、ということで色々と教えてもらいました。
踊るように舞台を歩いている姿が粋、というので、その立ち居振る舞いも楽しく。
話してくださったのが古典だったので、それもまた一気に時代を越えたようで。

パントマイムもちゃんとした芸として見たのは初めてだったのですが、
本当にそこに壁があるように、ロープがあるように見えて、
そう見えるという錯視の効果や、そう見せる筋肉や骨格の使い方に目が釘付け。
プロだなぁ、と当たり前ですが、感心していました。

とっても嬉しかったとこととして。
林家ひろ木師匠の新真打口上があったのですが、なんとも豪華。

柳家喬太郎師匠は浅草に引き続いて2回目!
春風亭小朝師匠、林家木久扇師匠と、メディアで見かけるお顔が!!

正直、そこまで落語に詳しくない身としては、テレビで見かけたことがある、
というだけでちょっとテンション上がりました。

そんなもんです、すみません…

あまり落語、落語したお話はどの師匠もされず、自分と師匠との関係性や
ウルトラマンの話とか…ご自分の話したい話をされていかれました。

きっと、新真打のひろ木師匠を盛り立てるための話の持っていき方なんだろうなと。

ひろ木師匠もすごく熱心に落語に取り組んでらっしゃるのがとても伝わってきました。
最後は津軽三味線で締め、ということでバラエティ豊かで。

笑って、笑って。
仕事で辛いことがあったらさ、寄席に来たらいいよね、なんて話をして。

実は、寄席を見ながらお弁当を食べていたので、そんなにお腹は減っていなかったのですが
パンフレットに桂花ラーメンが載っておりまして…どうしても食べたくなっちゃったんです。

友達はみんな帰るというけど、「私、桂花ラーメン食べて帰るわ!」と高らかに宣言し、
みんな驚く中でラーメン屋さんまで送ってもらったところ…日曜日の夜は早めに閉店ということで。
最後にひと笑い提供して家路につきました。