このホームページを立ち上げるまでに、
様々な試行錯誤がありました。

まずは教室の名前(=屋号)を考えるところから。

かつて、研修業をしていたときは
「スマイル・エデュケーション」という名前でした。
学びの結果、みんなが笑顔になれたら…
そう願って付けた名前でした。

会社員に戻り、その事業は廃業。

さて、今度はどんなお名前にしようかな?と考えた時に、
もっと事業内容が分かりやすい名前にしたいと思いました。

いろいろやりたい事があるから、抽象度は高い方がいい。
でも高過ぎると何をやっているのか分からない。
カタカナがいい?英語の方が素敵なんじゃない?

せっかくだし、ホームページのアドレスと一緒の方がいいな。
じゃあ、ドメインから考えましょうかね〜

なんて、こちょこちょとやっていました。

決まらない、決まらない。

アイディア・メモには想いと、キーワードと当て字と
様々な言葉が並んでいました。

頭を悩ませた結果、ランサーズというサービスに
名前を考えてくださるように依頼をだしてみたり。

結局、しっくりくるものが無くて白紙へ。

改めて、自分の伝えたいことって何だろう?と
初心に返って内省する日々。

国語で、言葉で、コミュニケーションで、対話で
人間関係で、目標達成で…

ふと、自分の想いがひとつの形になった気がしました。

「あぁ、これだねぇ」

…ことのは。

やまと歌は人の心を種として
よろづの言の葉とぞなれりける

世の中にある人
ことわざ繁きものなれば
心に思ふことを見るもの聞くものにつけて
言ひいだせるなり

(現代語訳・意訳)

和歌は、人の心の深いところにある想いを種として
それがさまざまなことばの葉となったものです。

世の中の人たちは、たくさんの出来事の中で
心に思うことを、見たり聞いたりしたことを、
言葉で表さずにはいられないのです。

うまいとか、へたとか、そういう事じゃないんです。

自分の想いを言葉にする、その気持ちが大事なんだと思います。

そういった想いを込めて。

「ことのは国語教室」と名付けました。

どうぞよろしくお願いいたします。