一体、どれくらいの人が自分に自信を持っているといえるのだろう。

授業から戻ると、職員室の机の上に「全私学新聞」が置いてありました。

・子供の「自己肯定感」を高める環境づくり

という項目が目に飛び込んできました。

どうやら、調査の結果として日本の子供達は自己肯定感が低い、のだそうです。

調べてみたところ、こんな結果が分かりました。
(ベネッセ 教育情報サイトより)

自信を持てない日本の高校生、国際調査で自己肯定感の低さが突出|ベネッセ教育情報サイト
日本・米国・中国・韓国の高校生を対象に実施された「国立青少年教育振興機構の高校生国際比較調査」の結果から、日本の高校生が他の国の高校生に比べて「自己肯定感」が低いことが明確になった。

「自分はダメな人間だと思うことがある」という項目について。
これに「そう思う」(「とてもそう思う」と「まあそう思う」の合計、以下同じ)と回答したのは、
日本72.5%、米国45.1%、中国56.4%、韓国35.2%で、日本の割合が突出して高くなっているそうです。

記事を読みながら、少し遠い目をしてしまいました。

学校現場では、どうしても点数で成績を付けざるを得ず、
何ができたか・できるようになったかではなく
何ができなくて、どこが分からないかに常にフォーカスを当てています。

できないところを一つ、一つ、つぶしていって
できるようになった!を積み重ねていっているわけですが…
できたことを喜ぶよりも、次はどの”できないこと”を解決するかに目を向けてしまう…

自分自身を振り返ってみても、常に挫折の連続でした。
点が取れない、偏差値が低い、志望校の合格ラインに達しない、受験は不合格…

もしかしたら、そういう教育で傷ついて自信が持てなくなってしまっている
子供達は多いのかもしれないと思う訳です。

記事の中では、この調査結果自体が疑問であり、
日本人は自分に対する肯定的評価に対して控えめに答える傾向がある
という事も書いてありました。

確かにその傾向はあると思います。
なかなか「自分は凄い!」と堂々と言える生徒は少ないですから。
それでも、「自分はダメな人間だと思うことがある」というのは、淋しい事です。

だからこその、教育改革、なのでしょうね。