教師同士が仲良くしているので、職員室の中では和気あいあいと
他の科目の先生とも授業内容の意見や情報の交換をしています。

森鷗外の『舞姫』では、「自分が高校生の時に教わったわ〜、難しかったわ〜」
という感想が出たりしながら、私からは「こんなマンガを教材として紹介してるんですよ」
なんて話をしたりして。

そしたらですね、こんなおもしろい本を紹介してもらいました!

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2016-11-05-15-59-30

な、なめこ!!

すごいんですよ、この本。
登場人物が全部、なめこ、なめこ、なめこ。

いろんな文学作品が紹介されているのです。

この本1冊を読み終わる頃には、頭の中に「んふ」が
こだまするような気がしてきます。

すごい、その一言に尽きます。

なにが凄いって、クオリティがめちゃくちゃ高い。

あらすじだけを簡単にとっているのではなく、
ちょっとしたディテールや、他のマンガでは見逃されがちな
重要だけれども、一言で終わっているようなポイントを
丁寧にすくって描かれているのです。

しかも、各作品の最後に文学紹介があるのですが
それがまた国語教師の視点から見ても秀逸で。

なめことおもって甘く見たら
とんでもない事でございました。

これもひとえに、他の先生との意見交換があったからこそ
教えて頂けた一冊です。

かなり気に入って、全巻購入する勢いです。

というか、5巻まで出てるって、本当に凄いですね…