今回の展示の一番のお目当ては、十牛図(じゅうぎゅうず)でした!

念願叶って、本物の十牛図巻を見てまいりました。

思っていたよりも小さい。

そして、丁寧な絵にため息をつきながらじっくりと眺めていました。

第二図「見跡」には、ちゃんと牛の足跡が書かれているんですね。
印刷だと、どうしても見えずらいものですが、しっかりと描かれていました。

十牛図は禅の悟りに至る道筋を、牛を主題とした十枚の絵で表したものです。

これがめっちゃ好きでしてね。

東洋のヒーローズ・ジャーニーだと思っています。

何かを探す、そして見つける。
だけど、見つけて終わりではない。

空になること。
だけど、空になることで終わりでもない。

その先がある。

その先とは。
市井に戻って、人と交流すること。

悟りを開くと、山にこもるイメージがあるけれども
そうではなくて、人と交わり、その悟りを説くこと。
それこそが悟りの最終形態であること。

美しいな、と思います。

一、尋牛(じんぎゅう)牛を探すこと、悟りの道を歩き始めること
二、見跡(けんせき)牛の足跡を見つけること、先人の知識や書物に触れること
三、見牛(けんぎゅう)牛を見つけること、師匠を見つけて悟りのはじめに来たこと
四、得牛(とくぎゅう)牛を捕まえること、悟りが分かってきたが未だ自分のものにならない
五、牧牛(ぼくぎゅう)牛を手なずけること、悟りを自分のものにするために修行すること
六、騎牛帰家(きぎゅうきか)牛に乗って家に帰ること、悟りを開いて戻ること
七、忘牛在人(ぼうぎゅうぞんにん)家に戻り牛を忘れる、もうすでに悟りは自らの内にある
八、人牛倶忘(にんぎゅうぐぼう)無に帰すること、本来の自分に気付くこと
九、返本還源(へんぽんげんげん)自然の中にあること、悟りとは自然であること
十、入鄽垂水(にってんすいしゅ)街へ出る、他の人を導く

お土産にポストカードを買ってしまいました。

s_%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2016-10-29-19-27-39

十牛図については、こちらの本がおすすめです。