作文指導をしている中での気付きを。
(昨日・一昨日の続き)

作文が書けない子にはざっくり5つのパターンがある。
① 文字が書けない
② 文章を書くのが苦手
③ 何を書いたらいいのか分からない
④ 上手な文章を書こうとしすぎて書けない
⑤ 作文を書きたくない

⑤作文を書きたくない

大人からの評価に傷つき過ぎて、書きたくなくなっている子もいます。

作文の多くは自分の内面を文章にしてさらけ出すものだったりします。
何を考えたか、どう感じたか。

文章で自己開示を行う。

それに対してダメ出しをされることで、自分をさらけ出すのが怖くなってしまう。

「作文なんか書きたくない」
その言葉の裏側に、自信を喪失している姿が重なります。

そうなると、最初にやる事は信頼関係を築くことです。

この人になら、自分の気持ちを言っても大丈夫。

この場所でなら、自己開示しても傷つけられない。

そういう安心感があって、はじめて筆が進みます。

作文に対してくじけている気持ちに勇気づけが大きな効果を発揮します。

「書きなさい!」と命令すればするほど、書かなくなります。
自分が相手を信頼しないで、どうやって相手が自分を信頼してくれますか。

もしかしたら、何か書くかもしれません。
だけど、そこに記されたものは本音ではなく、取り繕った”嘘”の感想かもしれません。

そんなものを求めているのでしょうか。
それでもただ作文を書いたら、親としては満足なのでしょうか。

この辺りは、親御さんの教育方針やリクエストもあるので
説明&ヒアリングを行いながらの対応になります。

そういうものではなく、単純に面倒くさいから書きたくない
という場合もあります。

うんうん、作文って面倒くさいもんですよ。

そこはもう、作文書くって楽しい、という雰囲気づくりと
「あれ、気付いたらいっぱい書いちゃってた!」という状態に
いかに持っていけるか、という講師の腕次第でございます。

あの手この手で、のせておだてて、また書きたい!という気持ちに。

そこは自分自身がまだまだ修行が必要な所。

教育をエンターテインメントに。
日々精進です。