ずっと着物に憧れを持っていました。

着付け教室にも通っていたのですが、なかなか自分で着付けを出来るまでには至らず
どちらかというと、着物の熱心な営業に根負けして通いきれなかったりして。

その思いが高じて、日舞を習っている、というのもあります。

せっかくなので、自分で着物を着て、ふらっと出かけられたらいいなぁ
という理想を叶えるべく、改めて着付け教室に通うことにしました。

通うことにしたのは、こちら。
南砂町にある、「おべべとにゃんこ」さん。
https://www.obenyan.com/

主催の佐川由希さんの着付けの姿が美しく、こういう風に着付けができたら!
という憧れから、南砂町はちょっと遠いのですが、それでも決定。

着付けって、ぱっと見同じようで、実は色んなやり方や流派があるんです。

どこがいいとか悪いとか、そういうことではなく好みの問題なのですが
私は極力、便利な着付けグッズは使わず、補正もせず、シンプル・スッキリに
したかったので、本当にぴったりのお教室でした。

そして、なぜ着付けを本格的に習おうかと思ったかというと、
あまりに綺麗な色の帯を見つけてしまい、衝動買いをしてしまったのでした…
しかも、その帯が京袋帯という、ちょっと珍しい帯でして。
インターネットで京袋帯の着付けを探しても、なかなか出てこない。

せっかくなので、しっかりと教えてもらおうと思った次第でした。

初回は、まずは肌襦袢と着物の着方から。
自己流で着付けをしていた時はどうしても処理が雑になってしまっていたところを
丁寧にすることでこんなにも仕上がりが違うのね!とびっくり。

補正をしない分、最初をいかに丁寧に仕上げられるか、が全て着物に響いてくるようで。

いつか、自分でパパッと着付けをして、このままお出かけが出来たらいいな〜
なんて。

そして、理想は着物で国語の授業が出来たらな〜なんて。
妄想は膨らみます。