本年度も高校での非常勤講師のお仕事は継続させていただいております。

蓋を開けて見ないと自分が今年度は何の授業を担当するか分からず…
今年度は高校3年生の現代文と、センター試験対策の授業を受け持つことになりました。

昨年度も高校3年生の現代文は担当しておりましたが、教科書が全く異なるので新たに教材研究を。

やっぱり、新しい教科書はいいですね。
隅から隅まで読みましたし、ついつい新しい教科書の匂いを嗅いでしまいました。

教科書の匂いを嗅ぐ、って言ったら変態扱いをされたのですが、だって新しい教科書の匂いって
何とも言えない独特のインクの香りがあって、新鮮な気持ちになれるのです。

全く知らない学年なので、授業前はとっても緊張します。
でもね、堂々と。教師らしく。

自己紹介を兼ねて、ここ最近あったことのお話を私からさせてもらって、
生徒の皆さんにはアンケートを取らせてもらって、一人一言ずつ声を聞かせてもらって。

去年はグループワークに対するアンケートを取った結果、「なし」ということになったけれども
昨年度からの引き続きの先生からは「ぜひ一方的に教える授業ではなく、グループワークを」という
お話もあったので、いつもとは違った雰囲気で授業づくりをしていくことにしようと思います。

そのためには、何はともあれ、生徒の顔と名前を覚えたい。

これから扱う単元との絡みもあって、皆さんにお願いをして、教室の写真を撮らせてもらいました。
もちろん、個人情報にあたるので取り扱いには注意することと、嫌な人は消すので言ってほしい旨を伝えて。

生徒の名前は覚えなくても授業はできるかもしれない。

でも、声を掛けたいんですよね。
掛け合いをしたいというか、言葉のキャッチボールをしながら教室の空気を作っていきたい。
ひと教室に大体、40人程度いるので、そして6クラス担当するので…200人を一気に…は無理だけれども
なるべく早い段階で覚えるように努力したい所存でございます。