社会人を対象とした国語力(思考力・判断力・表現力)養成講座
ブログ「文の葉」

教育

大人の学びとは

読書会はゆるく行われているので、 誰かひとりが教える人となって2時間の講座を行う、というものではありません。 それぞれが自分の経験や体験を持ち寄って、 その文章に書かれている事から想起されること 話したい事などをテーブル …

国語から、数学へ

ウィトゲンシュタインの名前をはじめて聞いたのは、 カウンセリングについて勉強をしていたときの事でした。 クライアントさんの話を聞くときに、その方の世界はどのような論理展開をしているのか どのような筋で話をしているのか、自 …

繋がりが、広がって。

教師同士が仲良くしているので、職員室の中では和気あいあいと 他の科目の先生とも授業内容の意見や情報の交換をしています。 森鷗外の『舞姫』では、「自分が高校生の時に教わったわ〜、難しかったわ〜」 という感想が出たりしながら …

どんな切り口で学びの扉を開くのか

何か学びを始めるとき、全体像をざっくり掴みたいけれども 専門書を読むにはちょっとハードルが高い、そんな時はマンガもいいもんだと 個人的には思っています。 例えば。文学作品についても同じで。 先日行った森鷗外の『舞姫』につ …

言葉になるもの、ならないもの

今回の展示では、音声ガイドを借りることにしました。(お値段:520円) せっかくの機会なので、解説を聞きながらじっくりと味わいたいと思ったのです。 おもしろい話を聞けました。 達磨大師がインドに戻る際、4人の弟子に最終試 …

十牛図巻

今回の展示の一番のお目当ては、十牛図(じゅうぎゅうず)でした! 念願叶って、本物の十牛図巻を見てまいりました。 思っていたよりも小さい。 そして、丁寧な絵にため息をつきながらじっくりと眺めていました。 第二図「見跡」には …

禅−心をかたちに−@東京国立博物館

上野の東京国立博物館にて開催されている「禅 −心をかたちに−」展を見に行ってきました。 禅に関する様々な展示を見ながら、生活に根付いている禅の心には何があるだろうか? そんなことを考えていました。 最も心に残ったのは、 …

「できる」と「理解する」は別物

子ども達の作文指導をしていると、様々な発見があります。 作文指導ということなので、もちろん文章を書けるようになることは一番の目標です。 ですが、ただ書ければいいかというとそういう事ではありません。 ◆ できるようになって …

作文なんか書きたくない

作文指導をしている中での気付きを。 (昨日・一昨日の続き) 作文が書けない子にはざっくり5つのパターンがある。 ① 文字が書けない ② 文章を書くのが苦手 ③ 何を書いたらいいのか分からない ④ 上手な文章を書こうとしす …

作文、何書いたらいいのか分かんない!

作文指導をしている中での気付きを。 (昨日の続き) 作文が書けない子にはざっくり5つのパターンがある。 ① 文字が書けない ② 文章を書くのが苦手 ③ 何を書いたらいいのか分からない ④ 上手な文章を書こうとしすぎて書け …

« 1 2 3 4 »
2019年6月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

ことのは図書室

PAGETOP
Copyright © ことのは国語教室 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.